SPGアメックスカード申込で最大39,000Pゲット!詳細をみる>>

【比較解説】eMAXIS Slim米国株式(S&P500)と全世界株式(オール・カントリー)どっちがオススメ?米国派・全世界派の主張まとめ

eMAXIS Slim米国株式(S&P500)と全世界株式(オール・カントリー)はどっちを選んだらいい?どう違うの?

このように悩まれる人もいらっしゃるのではないでしょうか?積立NISAでこのどちらかを選んでいる人は多いと思います。

悩んでしまう要因は各ファンドが

  • どんな銘柄にどれだけ投資するのか(対象銘柄と数)
  • これまでの成績はどうか
  • どっちがいいか明確に理由がない

など曖昧(あいまい)だからです。

あなたの大切な資産ですからファンド選びに慎重になるのは当然です。むしろ知らずに投資することの方が怖いですよね。

 

今回はS&P500とオール・カントリーを比較しながら各派の主張も交えてご紹介します。

どちらがいいかは意見が分かれ永遠のテーマですね(笑)ファンド選びの参考になると嬉しいです。

既に投資されている方もそのファンドを選んだ理由を見返す参考になればと思います。

こんな人にオススメ
  • 米国か全世界か選べずに悩んでいる
  • 各ファンドの理解を深めたい
  • 選び方のポイントを知りたい
  • 米国派と全世界派の各主張を見たい
  • 自分がどちらに向いているか知りたい
はぴあ

どうも、はぴあです!
2つの大人気ファンドの違いや選び方のポイントも一緒に紹介します♪

あぴちゃん

私は両方とも投資してるよ
本当はよく知らないんだよね..
だから今回ちゃんと知りたい!

目次

そもそもeMAXIS Slim(イーマクシス スリム)とは?

MUFG 三菱UFJ国際投信

eMAXIS Slimとは”とことんコストにこだわった資産形成ツール”と評されています。

もっとわかりやすく言うと

運用コスト(信託報酬率)をとことん引き下げ続けることを目指すファンドシリーズのことです。

運用コストが低いことによる長期的な恩恵はかなり大きいんです

運用コストは低ければ低いほどパフォーマンスは優位になっていきます。

例えば信託報酬率が年率「0.189%」と「1.00%」のファンドを20年運用した場合を比較するとそのリターンの差は25.5%も違ってきます。

信託報酬の違いによる例 MUFG 三菱UFJ国際投信

投資信託の平均リターン3-7%を目指す上でこの差は大きいとわかりますね。

さらにeMAXIS Slimシリーズは“受益者還元型信託報酬率”というものを採用しています。

受益者還元型信託報酬率”とは、一定の純資産総額を超過した部分に、より低い信託報酬率が適用されるもので全ての受益者に適用されます。

ファンドの総資産総額が増えるほど運用コストを下げていくと明示しているんです。

運用コスト引き下げ実績 MUFG 三菱UFJ国際投信

とことん低コスト化を目指すeMAXIS Slimシリーズが人気なわけですね。

S&P500とオール・カントリーの運用比較

最新月次レポート(2021年3月31日) S&P500, オール・カントリー/目論見書 S&P500, オール・カントリー
あぴちゃん

ざっくりした違いはわかった!
でも運用実績や多く組み入れらている国・個別銘柄とかは?

はぴあ

まさにそこを知って欲しいんだ
これから詳しく紹介していくよ

運用チャート実績

みんかぶ投信

設定来の運用実績グラフです。

どちらのファンドも2020年にコロナショックで急落しましたが、その後回復し右肩上がりの順調な水準

コロナショックの急落以降、米国指数の最高値更新が他国よりも早かったことが考えられます。

 

また2021年3月までの総成長率はS&P500の方がオール・カントリーよりも約3%高い結果となっています。

あぴちゃん

S&P500の方が成績良いなら
これだけで良さそう!

はぴあ

ちょっと待って!
これで判断するのは早いよ!

どちらのファンドも設定日から3年程しか経っておらず中長期的な目線で考える必要があります。

それにずっとS&P500だけが高いパフォーマンスを出し続けているわけではなく、オール・カントリーの方が高いパフォーマンスを示している年月もありますよね。

これはどういうことなのか?

 

先進国と新興国は互いにシーソーのような関係です。先進国が好調のときは新興国が低調(その逆もしかりということ)

これがどう関わってきて、何を意味するのかも見ていきましょう。

投資国の違い

S&P500は505銘柄に分散投資されていますが、投資国は米国だけに集中投資していることになります。

オール・カントリー先進国と新興国を含む49カ国の2,976銘柄に分散投資しています

さらにご着目いただきたいのは

オール・カントリーの半分以上は米国が占めているということです。

チャートで類似した推移をたどっていたのも、コロナショックにより同様に急落したのも同じ米国が多く占めているからとわかります。

今後も米国が世界を牽引するリーディングカンパニーであり続けるのか、中国やインドなど新興国が将来リーディングカンパニーとなるのかは誰にも予想はつきません。

ここで言えることは

  • S&P500米国への集中投資でリスクはあるが、リーディングカンパニーであり続ける限りその分リターンも大きくなる
  • 勝つ国を予想せず世界に投資できるオール・カントリーはまさにバランス良く分散した投資手法である。
あぴちゃん

日本がリーディングカンパニーになる未来はあるのかな?

はぴあ

未来は誰にもわからないね…

組入上位10銘柄と比率の違い

組入上位銘柄S&P500オール・カントリー
1位APPLE(6.5%)APPLE(3.8%)
2位MICROSOFT CORP(5.4%)MICROSOFT CORP(2.8%)
3位AMAZON.COM INC(4.8%)AMAZON.COM INC(2.6%)
4位FACEBOOK INC-CLASS A(2.4%)FACEBOOK INC-CLASS A(1.3%)
5位ALPHABET INC-CL A(1.6%)ALPHABET INC-CL A(1.1%)
6位ALPHABET INC-CL C(1.6%)ALIBABA GROUP HOLDING-SP ADR(1.1%)
7位BERKSHIRE HATHAWAY INC-CL B(1.4%)TENCENT HOLDINGS LTD(0.8%)
8位JOHNSON&JOHNSON(1.3%)ALPHABET INC-CL C(0.7%)
9位PROCTER&GAMBLE CO/THE(1.2%)TAIWAN SEMICONDUCTOR MANUFAC(0.7%)
10位NVIDIA CORP(1.1%)JOHNSON&JOHNSON(0.7%)
2021.1.27 交付目論見書 S&P500, オール・カントリー

各比率に違いはありますが1-5位までの銘柄は順位が全く同じです(両者で被っていないものを赤字表記)。

どちらもグローバル企業であり世界を牽引するGAFAM(Google, Apple, Facebook, Amazon, Microsoft)の組入比率が高いですね。強い銘柄に大きく投資するのは鉄板です。

 

それぞれに100万円投資したとすると

S&P500ではAPPLE(アップル)に65,000円、オール・カントリーではAPPLE(アップル)に38,000円投資していることになります。

しかし!

これらの銘柄や比率は年に数回自動で勝手にリバランスされます

株価が好調な銘柄の比率は高まり、低調な銘柄の比率は低くなる(他の好調な銘柄と変更される)ことになります

ほったらかしで自動で調整してくれるので非常にありがたいですね!

あぴちゃん

それぞれどの銘柄に多く投資しているのかわかったよ

はぴあ

良かった!
大事な資産をどこに投資しているか知っていた方がいいからね

セクター別構成比率の違い(組入上位10業種)

最新月次レポート(2021年3月31日)S&P500
最新月次レポート(2021年3月31日)オール・カントリー

「組入上位10銘柄」は似通っていたものの、今回の「組入上位10業種」ではセクター比率が全然違うことがわかりますね。

初心者の方はこれを見てもわかりづらいかもしれませんが、自分の投資するファンドがどんなセクターが多いかをざっくりとでも理解して欲しいのです。

 

例えば分かりやすく「金融」を取り上げてみると

S&P500は各種金融が4.8%であるのに対し、オール・カントリーは金融が14.0%その差は約9%も違います。

S&P500とオール・カントリーの両方に100万円ずつ投資したとすると9%=90,000円の違いとなります。

長期投資を続けていくとこの差は拡大していくことになります。

ただしこのセクター比率は年数回の銘柄リバランスにより変動します。

はぴあ

世はまさにIT時代!
あなたは今後どのセクターが伸びると予想するかな?

あぴちゃん

予想するのは難しいけど考えるの楽しいかも!

信託報酬の違い

信託報酬(年率)は下記の通りでした。

  • S&P500:0.0968%
  • オール・カントリー0.1144%

その差は年率0.0176%とオール・カントリーの方が高い手数料である

これは各ファンドに100万円ずつ投資した際に信託報酬(運用コスト)としてオール・カントリーの方がS&P500よりも年間176円の高い手数料がかかるということです。

その差は人により高いと捉える方もいれば大差ないと捉える方もいると思います。

何十年と長期でかつ運用額が1,000万円など膨れ上がるほど支払う手数料が増えるためです。

はぴあ

私的には全世界に分散投資できるのにこんな安い手数料!?と感じました。

 

なぜオール・カントリーの信託報酬が高いのか?

それは世界49カ国の2,976銘柄へとS&P500よりも分散投資しており、年数回のリバランスをするのにそれだけ手間もコストもかかるからです。

そうは言っても1%を超えるアクティブファンド投資(平均1.5%が多い)と比べても0.1144%と低い信託報酬で全世界に投資できるのは非常に魅力的ですね!

米国派と全世界派の主張まとめ

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2020

ここでは米国派と全世界派それぞれがどんな根拠のもと投資しているのか見ていきましょう。

あなたはどちらの意見に賛同しますか?

それぞれの主張はいかがでしたでしょうか。

決してどちらか選ばないといけないわけではありません

はぴあ

私もあぴちゃんも両方とも投資しているよ!

あぴちゃん

どっちも欲張りたいもん♪

ただし、もし仮にS&P500とオール・カントリーの両方に半分ずつ投資したとすると米国保有割合は79.15%となります。

これはもはや米国に投資しすぎでは?

と思う方は割合を半分ずつではなく、オール・カントリーの購入割合を高めて対応するのもありです。

 

それにこれら2つのファンドとは全く異なるファンドを選んでも良いと思います。

ご参考までに2020年に投信ブロガーが選んだ生の声も下記からチェックできますので覗いてみてくださいね。

私が日頃から大変お世話になっているリベ大の両学長のYouTube動画もご参考にどうぞ。

第163回 【結論】投資初心者は「全世界株」と「米国株」どちらに投資すべきか?【株式投資編】

まとめ:eMAXIS Slim米国株式(S&P500)と全世界株式(オール・カントリー)どっちを選ぶ?

あなたならどっちのファンドを選びますか?

どちらか一方に集中投資する?それともハーフ&ハーフ?

10年後20年後に笑みを浮かべるのは米国派と全世界派のどちら?

冒頭でも申しましたが悩ましい永遠のテーマですね。

これだという絶対的な答えはありません。

 

人気だから周りがそうしているからという理由で選ばず、自分なりの根拠を持つことが大事です!

まだ悩まれている方は次の選び方のポイントを参考にしてみてください

選び方のポイント
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)

米国が成長し続けると期待できる。ずっと成長し続ける自信がある。

多少株価の変動が高くても高リターンを狙いたい。

  • eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)

米国一強の確信が持てないから新興国を含む全世界で丸ごとリターンを享受したい。

国・地域を分散して高リターンよりも可能な限りリスクを減らしたい。

はぴあ

いかがでしたでしょうか。
どちらも人気なファンドである理由もわかりますよね

あぴちゃん

よくわかった!
これから自分なりの根拠を持って投資できるよ!

余談ですが毎月の給料を単に銀行に貯蓄することはどういう状態か?それは日本のみに集中投資しているのと同じだと考えます。日本円の預金と外国株式とでうまく分散してリスクを減らしていきましょう。

下記は投資初心者でゼロから学びたい方にオススメ!

(友人のなぎくんがまとめてくれた超大作も必見です☆)

少額で国内株式を始めるなら「SBIネオモバイル証券」と「LINE証券」がおすすめ!

一般的な証券口座では100株単位でしか購入できないのですが、

【SBIネオモバイル証券】 【LINE証券】 なら

単元未満株である1株から購入できるため数百円と少額投資が可能です

はぴあ

両方とも利用しているよ!
どっちを選べばいいか迷ったら下記を参考にしてみて♪

あぴちゃん

どちらも貯めたポイントで投資できていいよね♪
スマホアプリでサッと簡単!

1株保有でも配当金はもらえるため株式デビューのハードルがめちゃくちゃ低い!!

向いている人は?違いは?

SBIネオモバイル証券LINE証券
Tポイントを貯めているLINEポイントを貯めている
月の買付が5,000円を超える
(取引50万円までなら月220円定額)
月の買付が5,000円未満
(スプレッド制)
銘柄数3,000以上
しっかり選んで取引したい
銘柄数1,000程
少なく気軽に取引したい
IPO(新規公開株)購入が可能タイムセール等のイベントあり
定額買付できるリアルタイム取引したい
はぴあ

どちらも大きな違いはない!
正直貯めるポイントで選ぶでいいと思う!

あぴちゃん

今から将来の資産形成に向けて一歩踏み出そう♪

口座開設は無料です。今すぐ口座を開設して使ってみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね☺︎

この記事を書いた人

20代サラリーマン|幸せな人生設計を実現するブログを目指します|その方法を4術『お金術・生活術・仕事術・旅行術』より発信|自分も幸せに☺︎そしてあなたの幸せにも寄り添える☺︎|そんなブログにしていきたいと思います!

日本ブログ村に参加しています

にほんブログ村 にほんブログ村へ
はぴあブログ - にほんブログ村

★楽天ルーム

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる